今日

コンコースの通路の高いところから駅員を見ていた

人がおおぜい切符を買うカウンターで時刻表を片手に案内しようと準備している駅員をみていた

帽子にジャケット、グレイの身体、駅員さんは、異性人だ。

これは誤字ではありません、わたしにとっては、異性人だ。

こうして遠くから見ていると駅は一枚の動画であり 駅員だけが風景の中で輪郭をなしている、輪郭をなしとげる、駅員だけがとまっているから その形が 浮かんでみえる・・・

ときどき、駅員はふたりになって、二人して重たい時刻表を片手にひろげて、お客さん、お客さん、案内しますよ、困ったお客はおらんかえ~、と、そのあたりをさまよっている

大きな荷物をもった人が多い、この駅。

駅員の背中はみごとな張りをたたえ、ジャケットのすそは風にひろがり、たまに駅員たちは笑いあったり手をひろげたり、なんて綺麗な形をもらった方々だろう、彼らはあまりに人間の男性的だ、だが、彼らはわたしとおなじ人間ではない、駅員さんは異性人。

乗客はいったん立ち止まり、切符を買っては流れてゆく、乗客にははっきりとした輪郭はないのだ、駅員だけがそこにいて、輪郭と、「人格」を、しっかりといただき、それゆえ、駅員とは、乗客でない。

駅員はときどきしゃがみこんで、客を並ばせるポールの位置を確認する、小さくな~る、そんなときの駅員はとても可愛い・・・いや、可愛いなんて言葉は、おそれ多い、なぜこんな人がこの世界にいるのだろう、背中の曲線、帽子の輝き、美しすぎて、みているわたしの、胃が痛い。

ひやり、背中に汗が刺さる。

駅員は異性人、わたしの敵である。

駅員はわたしと同じじゃない、駅員が駅員としてある限り、駅員はわたしの、敵なのだ。わたしの手を取り、どこかへつれてゆく駅員の手袋の手は大きく、声はおだやか、優しさにみちて、わたしは自分がトロっとするのを感じる、だけど、許しちゃいけない、自分を許しちゃいけない、駅員は、駅員は、敵なのだ、異物なのだ、毒なのだ、いい香りのする、薬草なのだ、とがった破片を秘めているのだ、わたしは、駅員を食むたびに、その苦しさに後悔し、下痢する、支配する、駅員はほんとうにまぶしすぎて、そういえばあの襟元の金色のラインも、蛇のような縞模様のネクタイも、正義の味方みたいな賑々しさに満ちている、わざわざきらきらさせて、いい香りで、人々を呼び寄せる・・・駅員は駅員であり乗客ではありません、と、教えている。これが初恋と呼んでもよろしいですか、駅員さんは異性人。

家で使っているbuffaloの外付けHDDが、突然認識されにくくなりました。ドライブとして表示はされるのですが、読み込もうとするとフリーズする・・・よくよく調べてみたら、不具合が報告されている製品でした・・・・うううう。バッファローのHD-CEシリーズ黒モデル。

バッファローのページから→○

仕事用のドライブではなかったのは不幸中の幸いですが・・・しかしヤバイことに、6月のイベント用の最新MIDIデータがそこに・・・・・・やはりこれは復旧しないと・・・と思い、ファイナルデータをあわてて購入して(8000円ちょっと)、サルベージしてみました。わたしはなぜか、キチッと秘密メディアロックで隠しドライブを作って、そこにデータを入れていたので、ファイナルデータでもなかなか隠しドライブの復旧は難しかったです・・・・隠しドライブを何とか表示させたけど、それもなんだか読もうとするとPCが固まる・・・・だめか~と思って放置していたら、いつの間にかメディアロックの画面が生きており、そこからなんとかデータを読み出せました・・・ああ、神様ありがとう・・・・・・また白髪が増えた・・・それと同時に、バックアップもある程度はとっていたのですが、もっとマメにとっておかないといけないなあと反省しました・・・というわけで、今夜はバックアップに時間を取りたいと思っています。

ネットでいろいろ調べたら、メディアロックの隠しドライブは、ファイナルデータでの復旧は難しく、別のソフトでは出来る・・・とかいてあるQ&Aもありました。ですが、一応わたしはファイナルデータのみで出来たということで、わたしと同じ目にあった方が、検索してこのページをみて、あきらめないでくださるといいなあ・・・。

コンピューターにあまり詳しくないので、なにかあると、ほんとうにあせってしまいます、ひやひや。

今後はきちんとメンテナンスを考え、バックアップをとりたいと思いました。